赤ん坊に日焼け止めを使う際の注意点

赤ん坊に日焼け止めを使う際の注意点

肌を日光に当てることは、健康な身体作りになるという考えがありますが、日差しを浴び過ぎると紫外線ダメージを受けてしまいます。
赤ん坊も同じで、紫外線に長時間さらしてしまうと、免疫力の低下やそれに伴う病気の発症、将来的な皮膚がん発症のリスクや肌の老化など、大人より気を付けなければならないことが多いです。
紫外線ダメージから体を守るためには日焼け止めが有効的ですが、赤ん坊に日焼け止めを使う場合、いくつか注意点があります。
エステナードソニック 美顔器 効果
赤ん坊の肌は未発達で、大人より敏感です。このため、赤ん坊に日焼け止めを使う場合、低刺激の物を使うようにしましょう。近年ではベビー用日焼け止めも数多く販売されているので、その中でも肌に優しいものを選びましょう。

日焼け止めの独特のべたつきで赤ん坊が不機嫌になったり、日焼け止めを塗るのを嫌がってしまう場合があります。
赤ん坊用の日焼け止めは、さらっとした使用感のパウダータイプやスプレータイプがオススメです。
ただし、これらは飛沫範囲が広く、粘膜についてしまうと強い刺激を与えてしまい、炎症を引き起こす原因となってしまいます。使う場合は、粘膜に付着しないように気をつけましょう。