日焼け止めにはどんなものがある?

日焼け止めにはどんなものがある?

紫外線対策に欠かせないのが日焼け止めです。日焼け止めと一言でまとめても様々な形態のものがあり、使用感や効果が異なります。

日焼け止めの種類を大きく分けると、クリームタイプ、ジェルタイプ、パウダータイプ、スプレータイプの4種類があります。

クリームタイプは最も多く見られるタイプの日焼け止めです。しっとりとした使用感で肌に付着するので、高い効果が期待できます。
また、クリームの保湿効果で、紫外線で肌から水分が蒸発してしまうのを防いでくれます。
エステナードソニック 効果
ジェルタイプも多く見られるタイプの日焼け止めです。クリームタイプより使用感が軽く、塗った後の肌馴染みが良いのが特徴です。
軽い使用感は肌への負担も少ないので、ニキビや肌荒れが気になる方でも気軽に使えます。

パウダータイプはさらりとした使用感で、汗をかきやすい時期には一番使い心地が良いタイプです。
肌への負担が少ないので、敏感肌の方や子供にも使えます。

スプレータイプもパウダータイプと同じく、さらりとした使用感が特徴です。
他のタイプとは異なり手で塗るのではなく、スプレーで噴射する形なので、手が届きにくい背中などに使えます。