冬は要注意!溶連菌感染症の症状ってどんなの?

冬は要注意!溶連菌感染症の症状ってどんなの?

冬に流行のピークがある感染症に「溶連菌感染症」があります。

この感染症は子供に多い病気で、
高熱が出て、舌にブツブツができ、手足に発疹が出るという
特徴的な症状が出るものです。

エステナードソニックの効果

溶連菌感染症の怖いところは、
きちんと完治させないと重篤な合併症を引き起こしてしまう
恐れがある点にあります。

そのため、きちんと医師の診察を受け、
処方された抗生物質を最後まで飲んで菌を退治しないといけないのだそうですよ。

治った!と自己判断するのは危険なので
お医者さんの判断を仰ぐようにしたいですね。

溶連菌感染症は子供から子供への感染の他、
抵抗力の弱った大人(妊婦さんや老人)への感染も心配な病気なので
冬場は注意したいですね!

子供と関わる機会がある方はしっかりとした知識を
身につけておきましょう!