睡眠不足は毛穴を大きくする?

毛穴の広がりは生活習慣の中にも原因があります。その原因の一つが、睡眠不足です。
現代人は特に睡眠不足に陥りがちで、しっかりとケアをしていても毛穴が大きくなってしまう方が多いです。

肌は寝ている間に日中のダメージを回復させます。特に、寝始めてから三時間ほどで訪れる「肌のゴールデンタイム」が重要です。
肌のゴールデンタイムには成長ホルモンという成分が分泌されます。成長ホルモンは成長期の体に必要不可欠なものであると同時に、美肌作りに欠かせないものです。肌を内側から整えるために、しっかりとした睡眠が必要不可欠です。
肌のゴールデンタイムは、毎日決まった時間にベッドに入ることで作りやすくなります。毎日の生活サイクルを見直し、睡眠時間を決めましょう。

半身浴の注意点

半身浴を行う際はいくつかの注意点があります。

まず、食後すぐには入らないようにしましょう。人間の体は、食事をした後胃腸が最も活発的に働きます。内臓の活動には血液が欠かせませんが、半身浴を行うと全身の血行が良くなってしまい、消化に必要な血液が足りなくなってしまいます。
結果、胃腸の働きが低下し、消化不良や胸やけなどの症状を引き起こす原因になってしまうのです。

お酒を飲んだ後の半身浴も厳禁です。意識が酩酊している状態での半身浴はとても危険です。
また、のぼせやすくなり倒れてしまう危険性も高いので、半身浴を行う際はお酒を飲まないようにしましょう。
血行を促進する美顔器
半身浴はかなり汗をかく入浴法です。
入浴前にはしっかりと水分補給をしておき、入浴中も適宜水分補給をして、脱水症状を防ぎましょう。

半身浴の基本的なやり方

半身浴という言葉は聞いたことがあるけれど、正しいやり方は知らない、という方も居るのではないでしょうか。
ここでは、半身浴の基本的な正しいやり方をご紹介します。

まず、浴室内を温めておきます。半身浴は上半身がほぼ露出してしまうので、冷え防止に浴室をしっかり温めておきましょう。目安としては25度が理想的です。
次に、お湯を張ります。湯船に入ったとき、みぞおち部分まで浸かれる量までお湯を溜めましょう。温度は39度前後に整えます。
半身浴をする30分前に、コップ一杯の水で水分補給をしておきましょう。お湯を溜めている間に飲むのがおすすめです。
お湯を溜めたら、20分から30分を目安に入浴します。長すぎる入浴は逆効果なので、汗をかき始めたらお風呂から出ましょう。

半身浴のお供におすすめグッズ

長い時間の入浴になる半身浴には、時間を潰せるグッズの持ち込みがおすすめです。

リラックス効果もプラスして半身浴の効果をアップさせるのが、アロマオイルです。3滴から5滴ほど湯船に入れて、よくかき混ぜましょう。
アロマの種類によって効果が変わってきます。リラックスだけでなく、安眠効果、ストレス解消、リフレッシュなど、その日の気分や体調に合わせてアロマを変えるのもおすすめです。

長い入浴時間を潰すのにおすすめなのが読書です。
半身浴の人気の高まりとともに、お風呂場に持ち込める用のカバーグッズも数多く販売されるようになりました。防水仕様の本のカバーもあるので、入浴中の時間潰しに読書はいかがでしょうか。

半身浴とは

半身浴とは、入浴法の一つです。38度から39度の温めのお湯に、みぞおち部分から下だけ入るというもので、様々な美容効果があるとされています。
肩まで浸かる全身浴とは異なり、全身ではなく下半身を温めることに集中した入浴法です。このため、全身浴と比べ心臓への負担が少なく済みます。美容目的だけではなく、高齢の方、心臓が弱い方にもおすすめの方法です。

また、半身浴は汗をかきやすい入浴方法です。体に負担をかけず内側から温めることが出来るため、心身をリラックスさせる副交感神経を優位にさせます。
副交感神経が優位になると体は自然と眠くなり、入眠がスムーズになります。このため、半身浴は夜眠る前に行うのがおすすめです。

半身浴で得られるデトックス効果とは

半身浴イコールデトックス効果、というイメージを持っている方は多いと思います。デトックスとは体の中にある老廃物や有害物質を排出する働きのことで、正しい方法で半身浴を行うことで高いデトックス効果が期待できます。

夏場など気温の高い環境に居ると、人間は体温調節のために汗をかきます。このときの汗は体温調節の役割が大きく、老廃物はほとんど含まれていません。
なので、運動などで汗をかいても、大きなデトックス効果は期待できないのです。

美顔器で新陳代謝を上げてデトックス!

一方で半身浴は、結構とリンパの流れをゆっくりと促進させることにより、体の内側から温め老廃物や有害物質を含んだ汗をかくことが出来ます。
また、汗の出る部分、汗腺を鍛えることで、有害物質を溜めにくい体を作ることができます。

紫外線は毛穴を広げる?

紫外線を浴びると肌はダメージを受けます。シミやしわ、たるみなどの様々な肌トラブルの原因となります。
肌の中にはコラーゲンという成分が存在します。この成分は肌のハリの元で、紫外線を浴びるとコラーゲンの働きが低下してしまいます。ハリがなくなった肌は重力に負けて下に引っ張られたるみが生じ、毛穴を広げてしまいます。

紫外線は一年中降り注いでいます。特に、5月から夏にかけては特に紫外線量が多くなるので注意しましょう。
紫外線量が多い時期は日焼け止めや帽子などのグッズを活用し、陽射しが直接肌に当たらないように気を付けましょう。
紫外線が少ない時期は、紫外線カット成分が含まれている化粧品を使うなど、肌への負担を少なくしながら対策をしましょう。

やりがち?毛穴を大きくしてしまう間違ったケア

普段何気なく行っているケアが、毛穴を大きくしてしまう原因になります。普段のケア方法を見直してみましょう。

まず、洗顔時のゴシゴシ洗いです。力を入れて洗うと汚れが落ちる気がしますが、実は肌に摩擦ダメージを与え、様々な肌トラブルの原因となります。
また、手で肌を引っ張るとその分毛穴が広がってしまいます。ゴシゴシ洗いは肌にいいことがないので、洗顔時に力を入れるのは止めましょう。

スキンケア時も力を入れないように気を付けましょう。特に、乳液やクリームなど、肌に塗るタイプのスキンケアは塗る時に力を入れがちです。
この時も肌が自然に引っ張られ、毛穴広がりの原因になります。スキンケアは指の腹や手のひら全体を使い、優しく押して馴染ませるようにしましょう。

ハチミツ洗顔は毎日やっても大丈夫?

高い美肌効果が期待できるハチミツ洗顔ですが、毎日やっても大丈夫なのでしょうか。

結論から述べますと、ハチミツ洗顔は毎日行っても特に問題はありません。自然由来の成分を使用した洗顔方法なので肌への負担は少なく済みます。
ただし、一回の洗顔で大きな効果が得られるというものでもないので、毎日継続して続けることで効果が得られます。いつもの洗顔料にティースプーン一杯分のハチミツを混ぜるだけの簡単な方法なので、毎日無理なく続けやすいケア方法です。

毎日使える美顔器?

ただし、肌の調子が悪い時や、肌に傷ができている場合は、ハチミツの成分が思わぬ作用を引き起こす可能性があります。
洗顔をしていて違和感や痛みを感じたら、ハチミツ洗顔はすぐに止めましょう。毎日できるケア方法ですが、肌の調子を見ながら行うのも大切です。

ハチミツ洗顔は肌をキレイに整えてくれる

ハチミツには豊富な栄養素がたっぷり含まれています。これらの成分は、肌全体を綺麗に整える効果が期待できます。

代表的なのがビタミンB郡です。ビタミンB郡は食品から摂取するのも効果的ですが、スキンケアとして使うのもおすすめの成分です。
ビタミンB群は皮脂の過剰分泌を抑え、肌のテカリやニキビを予防してくれます。化粧品で隠していたこれらの肌トラブルも、ハチミツ洗顔をすれば自然と改善することが可能です。

また、ハチミツには肌のターンオーバーを正常に整えるサポート機能があります。
肌のターンオーバーは古い角質を落とし、新しくキレイな肌を作り出す働きですが、加齢や生活習慣により働きが低下していきます。
ハチミツには肌のターンオーバー機能をサポートする効果があり、自然でキレイな肌を作り出すことが可能なのです。