ピーリングを使用する際の注意点

ピーリングを使用する際の注意点

ピーリングはシミ対策に効果が期待できるケア方法です。しかし、自宅でセルフピーリングを行う場合、いくつか注意点があります。

ピーリング剤は古い角質をそぎ落とすもので、肌に強い刺激を与えるものが多いです。このため、傷や炎症、ニキビを起こしている部分、皮膚が薄い目元や口元などには使用しないようにしましょう。

使用する際は、強い力で肌をゴシゴシと擦らないように気を付けましょう。ピーリングは単独で強い効果のあるもので、更に摩擦が加わると肌に大きな負担となります。
ゴシゴシ洗いを続けていると、逆にシミができやすい肌になってしまうので、ピーリングを使う際は優しい力で洗うようにしましょう。

高い効果が期待できるピーリングですが、使用は週に1回程度に抑えておきましょう。
毎日のピーリングは肌を傷付けてしまい逆効果です。古い角質は一気に落とすのではなく、間隔を開けてゆっくりと焦らず落としていきましょう。

顔脱毛のメリット・デメリットについて調べてみました!超簡単に解説します

顔脱毛のメリット・デメリットについて調べてみました!超簡単に紹介します

女性でも男性でも、「顔の毛」は気になりますよね。
そんな場合、「顔脱毛」も選択肢に入ってくるのではないでしょうか。
ここでは、そんな「顔脱毛」のメリット・デメリットを
超簡単にご紹介したいと思います。

まずはメリットから!
顔脱毛のメリットとしては、

・メイクのりが良くなる
・肌に透明感が出る
・毛穴の黒ずみが改善する
・自己処理による肌荒れから解放される

などが挙げられるようです。

デメリットとしては、

・完全な脱毛にはかなりの時間がかかる
・一時的に太い毛が生えてくることがある
・毛穴のトラブルが起こる恐れがある
・火傷のリスクがある

などが挙げられるようです。

顔脱毛は魅力的ですが、デメリットもきちんと理解しておく必要が
ありそうです。
それをクリアできれば、美容効果は大きそうですね!

運動と健康の関係♪運動しすぎはリスクになるってほんと?

健康のために、定期的に運動をすることって推奨されていますよね。

しかし!「運動しすぎは健康リスクにつながる」こともあるってご存じですか?

アメリカでの研究によると、
「週48㎞以上のランニングは心臓病のリスクを増大させる」とのこと!
運動ってやればやるほど健康になれるわけではないんです。

ランニングって心臓に負担がかかりますから、
それがリスクにつながるんでしょうね~!
特に、心臓に不安のある方や高血圧の方は要注意とのことですよ。

とはいえ、やはり運動は必要です。
激しい運動や長時間の運動でなければ健康に良いことは確かです。

>>エステナードソニック

スポーツ選手などではない普通の人なら、
運動しすぎ…ということはあまり気にしなくても大丈夫かもしれませんね。
1日30~40分の軽いランニングやウォーキングなら問題ないので
心配しすぎず、運動を楽しめれば良いですね。

ついつい食べちゃう罠!改めて見ると菓子パンのカロリーがやばかった

ついつい食べちゃう罠!改めて見ると菓子パンのカロリーがやばかった

菓子パンって軽いからついつい食べてしまいますよね。
でも、ダイエット中は要注意な食べ物ですよ!

菓子パンのカロリーを改めて見てみると…
びっくりするほど高カロリーなのが分かります。

例えばシンプルなメロンパンでも400~500キロカロリーありますし、
デニッシュ生地のパンやクリーム入りのものだと
600キロカロリー近くになることも…。

一日の摂取カロリー目安が2000キロカロリーだとすると、
菓子パン一個を食べただけで4分の1を占めてしまうことになりますね。

当然、バターや砂糖の使用量も多いので、
健康面の心配も出てきます。

たまに食べるなら良いとしても、常食するのは避けた方が良いのかも…。

甘くて魅力的な菓子パンですが、ダイエット中は裏側の
カロリー表示を見て思いとどまるのも大事かもしれませんね。

今年はどう対策する?カサカサかゆい肌には保湿クリームが良いの?薬が良いの?

今年はどう対策する?カサカサかゆい肌には保湿クリームが良いの?薬が良いの?

すねや背中などがカサカサかゆいと不快ですよね~!

私自身も冬が近づくとお肌の乾燥に悩まされています。

乾燥肌対策と言えば、まずは保湿クリームですね。
しかし、かゆみが出るほど乾燥してしまったお肌にクリームをつけると、
油分が刺激になるのか『余計かゆくなる…』という経験もありますので
少し注意が必要かも。

その点をクリアしたのが、保湿ジェルや保湿ローションです。
クリームに比べると油分は少なめで水分や保湿成分がたっぷりなので、
私の場合、かゆくなってしまった乾燥肌にはぴったりでした。

また、一時的に薬を塗るという対処法もありますね!
かゆみを抑える成分や、尿素配合のメディカルクリームなどもいいかも!
しかし、これらは長期的に使うとお肌に良くない場合もあります。
少し症状が良くなったら、保湿ケアに切り替えたいですね。

かゆみや乾燥レベルに合わせて、上手に対策したいですね!
かゆみに負けずに冬を乗り切りましょう~!

見落としがちな美ポイント!「白目」の美容について考えてみました

見落としがちな美ポイント!「白目」の美容について考えてみました

顔のパーツの中で、『目』ってかなり重要ですよね!
アイメイクやカラコンなどで目の印象を高めているという方も
多いのではないでしょうか?

そんなあなた!「白目」のケアってちゃんとできてますか?

白目が充血していたり、黄色っぽかったりしていると
「疲れているのかな?」と見られてしまうかもしれませんよ~!

そのため、目の美しさを強調したいなら白目のケアも欠かせません。

白目の簡単なケアとしては「目薬」がありますね。
充血をケアできるものや、疲れ目をほぐしてくれるような
目薬が効果的ですよ。

また、「ルテイン」という成分も白目を美しくする効果が
期待できると言われています。
ルテインはほうれん草やブロッコリーなどに含まれますが、
たくさん食べるのが難しければ、サプリなどで摂っても良いでしょうね。

見落としがちな白目美容♪
目元の美しさのために、意識してみてはいかがでしょうか?

シミ予防の基本は肌を擦らないこと!

シミ予防の基本は、肌に刺激を与えないことです。シミを作り出すメラニン色素は肌の奥深くにありますが、外部からの刺激により活発化し、その働きを強めることがあります。
元々メラニンは、肌を守るための防衛機能です。肌が刺激を受けると、刺激から肌を守ろうと働きます。刺激を受ける頻度が高くなるほどメラニン色素の働きも増え、シミができる可能性が上がってしまうのです。

肌への刺激は、普段の生活の何気ない行動の中に潜んでいます。
例えば洗顔は、ゴシゴシと洗うだけで肌への刺激になります。その後のタオルでの水気払いも、擦って拭くことで肌に摩擦が生じ、強い刺激になってしまいます。
その他にも、毎日のメイク、クレンジング、マッサージなども、シミの原因となる肌の刺激になります。シミ予防のためには意識して肌を擦らないようにすることが基本となり、大切なことになります。

シミ対策にはポイント使いの美容液が効果的

シミ対策にはポイント使いの美容液が効果的

シミが気になる部分にポイントでケアをしたい、という方にオススメなのが美容液です。普段使っている美容液とは別に、シミに効果的な成分が配合されている美容液を部分使いすることで、シミ対策に高い効果が期待できます。

シミ対策に美容液を使用する場合、できてしまったシミに対してケアをするのか、シミができる前に予防するのか、どちらを選ぶかによって効果的な成分が異なってきます。

できてしまったシミに対してはビタミンC誘導体が効果的です。
高い抗酸化作用で美白効果のあるビタミンCを、肌の奥深くに浸透するように作られた物がビタミンC誘導体で、高い効果が期待できます。

シミを予防する場合、メラニンを作らせないように根本からアプローチするのであればトラネキサム酸、カモミラETといった成分が効果的です。
メラニンが角質に蓄積されるのを予防する場合は、コウジ酸やエラグ酸、プラセンタエキスが効果的です。

クマ改善に効果的な栄養素

クマ改善に効果的な栄養素

中々消えないクマを改善するには、外側だけでなく内側からのケアも大切です。
内側からのケア方法は普段の食事を見直すことで行いましょう。今回は、クマ改善に効果的な栄養素をご紹介します。

クマの種類によって効果的な食品は異なってきます。
青クマタイプのクマは血行不良が原因となっているので、血行促進効果のある鉄分やアントシアニン、葉酸を摂取しましょう。
黒クマは皮膚のたるみが原因で、加齢によりできやすいクマです。体の老化対策には抗酸化成分の摂取が効果的です。老化物質である活性酸素を除去する働きがあります。
茶クマは皮膚の奥でメラニンが生成され、色素沈着が起こっている状態です。色素沈着は美白効果のある成分で漂白しましょう。効果的な成分がビタミンCです。身近な成分で摂取しやすく、クマだけでなく幅広い美容効果のある成分として注目されています。

クマ改善に効果的なアイクリームの選び方

クマ改善に効果的なアイクリームの選び方

目のクマ改善にはアイクリームの使用がオススメです。有効成分が凝縮したアイクリームは、目の周りのケアをしながら美肌作りができます。

アイクリームは、継続して使用できるものを選びましょう。購入法歩が限られているものや、高価すぎるものは継続が難しく、途中で止めてしまうこともあります。
アイクリームによるクマ改善ケアは、一定期間継続して行う必要があります。途中で止めてしまわないようなクリーム選びをしましょう。

目元は顔の中でもよく動く部分なので、密着力が高いものを選びましょう。密着力が低いクリームは落ちやすく、せっかくの有効成分が肌に浸透しません。
しっかりと肌に密着し、肌に浸透するアイクリームでしっかりとケアをしましょう。

目元の皮膚は刺激に敏感なので、香料や着色料などの添加物が入っているものはNGです。
購入前にはパッケージをしっかりと確認し、肌に優しい成分のみで配合されたものを選びましょう。